トップページ > What's New

What's New

子供たちが給食で「とちおとめ」を味わう

2021年3月1日

真っ赤な「とちおとめ」を味わう生徒

管内の小中学校で1月下旬から、学校給食に地元産の「とちおとめ」が登場しました。矢板市の矢板中学校では1月29日、黒コッペパンやミートオムレツなどと一緒に「とちおとめ」が並び、生徒たちは笑顔を見せ喜びました。

同校2年生の坂巻和佳さんは「イチゴは好きで自宅でも家族で食べる」と話し、箱田紅瑛さんは「かめばかむほど甘さが出て、その中で酸っぱさもあっておいしかった。栃木が誇れる自慢の味だと思う」と目を輝かせました。