トップページ > トピックス

今日のトピックス

冬にら生育順調

2017年2月1日

ニラの生育を確認する部会員ら

ニラの生育を確認する部会員ら

 「しおのやのにら」の名称で、ブランドの向上を目指す喜連川にら部会は1月10日、さくら市のほ場8カ所で現地検討会を開きました。部会員、塩谷南那須農業振興事務所、JA担当者ら37人が参加しました。

 5月下旬~6月上旬に定植し、11月から出荷が始まった冬ニラの生育を確認。1月に出荷のピークを迎えるにあたっての管理と、出荷時の注意点などを学びました。

 同部会は、県の試験品種の「ゆめみどり」などを中心に栽培。3月に行う播種に向け、部会員で適切な品種の選定考察も行いました。現在、生育は順調。益子幸雄部会長は「部会一丸となって技術の向上に努め、高品質出荷を目指す」と意気込みを話しました。